• SadoのSM小説姦女真紅 第八章 全裸美人コンテストから第十章 刺客養成所

    第八章 全裸美人コンテストから第十章 刺客養成所 第十章 刺客養成所 第九章 新たなる奴隷制社会 第八章 全裸美人コンテスト <抜粋>  今回の女はしずくと言った。24歳女優の国分○○子に似た目が大きく華奢な女である。今日で5回目になる。  SMクラブと雖も最初からハードなプレイをすれば女に敬遠されてしまう。  最初は縛って弄くるのみ。  徐々に軽い鞭から慣…
  • SadoのSM小説姦女真紅 第四章 工作員無残から第七章 劇場型犯罪

    第四章 工作員無残から第七章 劇場型犯罪を掲載 第七章 劇場型犯罪 第六章 女体担保金融 第五章 川越偏 第四章 工作員無残 <抜粋>  指揮は機動捜査隊から捜査一課長に渡った。  現場付近は立ち入り禁止となり、警察隊員が取り巻いている。その外にマスコミのカメラも群がっている。  独自配信の動画はあっという間に全国的にアクセスされた。  画面にはヤン滝川…
  • SadoのSM小説姦女真紅 特別章 あすか女王偏及び第一章から第三章 オークション

    特別章 あすか女王偏及び第一章から第三章 オークションを掲載 第三章 オークション 第二章 軍艦上のこの上もない理不尽なショー 第一章 並木会長のペット 特別章 あすか女王偏 <抜粋>  ここが何処だかわかりません。真っ暗な部屋の中にキコ・・・キコ・・・・キコ…キコ・・・・  ミラーボールが回っていて、ミラーボールを照らすライトの、薄い円盤型の色を変えるフィルタ…
  • SadoのSM小説姦女真紅 第十五章 並木会長崩御

     北半分をテロ組織が支配するR国。日本企業も多く進出して、工業団地も、日本人居住区もある。  そこでは日本では出来ない。激ハードサービスの売春、SMが展開される。  日本のやくざが、誑し込んで子供と借金を負わされ、現代のからゆきさんした日本人女性も居る。  T市はR国奥地に在るテロ組織の本拠地である。  此処に潜入した娼国の婦人警官二名が捕まる。羞恥のSM拷問が展開される。 …
  • 女衒の國その六 女躰崩壊

    戦前、戦中の女衒の末裔が、亜細亜の開発途上国に資本の根を生やし、民主主義を建前にしながら、彼らがその経済と政権を握っている。 男に騙され借金を作って、日本のやくざと現代の女衒に売られ、ハードコンパニオンとしてR国の外国人居住区で働く現代のからゆきさん。それはもっとも悲惨なSMのコンパニオンであった。 これを追って、国際世論に訴えるべく女性フリージャーナリストが、海外取材鎖国のR国に潜入した…
  • 女衒の國その七 続女躰崩壊

    戦前、戦中の女衒の末裔が、亜細亜の開発途上国に資本の根を生やし、民主主義を建前にしながら、彼らがその経済と政権を握っている。 男に騙され借金を作って、日本のやくざと現代の女衒に売られ、ハードコンパニオンとしてR国の外国人居住区で働く現代のからゆきさん。それはもっとも悲惨なSMのコンパニオンであった。 これを追って、国際世論に訴えるべく女性フリージャーナリストが、海外取材鎖国のR国に潜入した…
  • SadoのSM小説姦女真紅 第十六章 挽歌滾る

    第十五章(http://cutie.st/~smhost/hougyo.htm)で、日本の警察は帝國が引き渡した千石直人を逃がしてしまった。帝國の近衛部隊はR国奥地に追跡する。其処は、騙された女が、日本から、からゆきさんして働く世界に類を見ないハード売春地帯であった。仲間に救われた元娼国の婦警ら革命分子は、テロ組織に決死の攻撃を掛ける。だが、再び捕らえられて、値打ちの無い女は処刑され、残りの四人…
  • 調教師集団 三 不幸な女がまだ堕ちる

     現代社会は、痴漢、セクハラ、女性の訴えるがままである。杓子定規に、女性の言い分通りでは、男性は恐ろしくて会社に居られない。  調教師集団は、そういった男性の依頼を実行する。  桐ケ谷美鈴は、幼少期から、父親に玩具にされてきた。  父親は、桐ケ谷美鈴が、高校を卒業する前に死亡した。  桐ケ谷美鈴はフリーライターになり、痴漢冤罪者、パワハラの因縁を付けられた企業を叩きに叩い…
  • SadoのSM小説女衒の國 その四 女躰盛会席

     娼国に税金逃れの本社を置く企業オーナーと、国民党議員数人を呼んで、女躰オークションが開催される。  百二十三名のコンパニオンが待機している。参加者は全部で六十名。  一人を選んで席に連れてくる。そのコンパニオンが女躰盛会席の、女躰膳となる。  オークションの金額が政治家への献金である。企業家たちは、この場で形だけ入金する。政治家は後日、R国内の娼国主催のカジノで勝たして貰い、合法的…
  • SM小説SadoのSM小説 姦女真紅 第十九章 スタントハードコンパニオン

     第十七章番外編で前原誠次元巡査部長にSM拷問され、テロ組織を真似た海賊放送で痴態を全世界に流され、その報復に煮えたぎる大島舞巡査部長。  前原誠次元巡査部長は日本の警察から逃れてR国に潜む。これをテロ組織が利用して日本のやくざ稲垣七郎を使って、大島舞巡査部長を誘き寄せる。凄惨な蛇拷問で大島舞巡査部長は。  そして連絡を受けて救出に向かった大木少佐と、小川少尉も捕まり、小川少尉の働きで警察著…
  • SadoのSM小説 女衒の國 その五 女躰羞恥責め

     娼館島を仁川一族が所有してほぼ一世紀になる。  R国という亜細亜の後進国の領土であった。最近娼国となって独立した。  戦前から戦中にかけて日本から貧しい家系の女性が出稼ぎした。これがからゆきさんである。  戦後、からゆきさんは引き揚げたが、仁川の父は島を守って売春を続けた。  仁川の父は当時で言う女衒である。  現在R国は仁川と、仁川配下の資本に蹂躙されている。民主主義国家…
  • SadoのSM小説 女衒の國 その二 立て篭もり

     娼館島は、仁川氏が、女衒の父から受け継いだ売春の島である。  島で育った女性が、日本人との、二代の掛け合わせで良質な売春婦として提供される。  日本から、借金を背負った女性を、からゆきさんさせて、日本人向けハードコンパニオンとして、提供を始めた。そしてR国より娼国として独立した。  前章で娼国に捕えられ、AV嬢の汚名を着せられた沼緒輪加子警部。元お天気お姉さんで、この度、国民党に刺…
  • SadoのSM小説 女衒の國 その一 潜入婦人警官

     SMハードコンパニオンとして、南洋の売春国家に売られた真紀子。躰で稼いで借金を返し、女性向風俗業を開始する。  売春国家に潜入した日本の婦人○官、輪加子。官房長の命令は、日本に入ってくる売春の撲滅だったが、真の目的は他にあった。躰を張って潜入した輪加子の運命は。  民主主義の末路は、経済的瓦礫の山となる日本の運命。新国家娼国に本社を移すは、多国籍企業だけではない。一夫一妻制の呪縛を解か…
  • SadoのSM小説姦女真紅 第十八章 現代の女衒

      第十七章番外編で前原誠次元巡査部長にSM拷問され、テロ組織を真似た海賊放送で痴態を全世界に流され、その報復に煮えたぎる大島舞巡査部長。  前原誠次元巡査部長は日本の警察から逃れてR国に潜む。これをテロ組織が利用して日本のやくざ稲垣七郎を使って、大島舞巡査部長を誘き寄せる。凄惨な蛇拷問で大島舞巡査部長は。  そして連絡を受けて救出に向かった大木少佐と、小川少尉も捕まり、小川少尉の働きで…
  • SadoのSM小説 調教師集団 その五 社会進出を主張する女が堕ちる

     今回の依頼者は理想を主張する女性社員に会社を潰された零細企業の元オーナーだった。  調教師集団の一員である埼玉県警の段下警視正は、起業した水野真由美を罠に落としいれ会社経営を資金難に追いやる。  資金繰りに奔走する水野真由美は遂に杉本金融の手に堕ちる。  調教師集団が海外に本拠を置いて管理する街、武州市元宿ミッドタウンのお座敷で働く事に成った。だが調教師集団の目的は無修正AV嬢に堕…
  • SadoのSM小説 調教師集団 その四 堅実な現代女性が堕ちる

     二千十三年立秋上元  地球温暖化による狂った暑さ、ゲリラ豪雨、それでも水不足。日本列島は災害だらけである。  民事党再登板内閣、安田総理のヤスダノミクスのメッキも、参院選大勝ながら暑さで剥げ始めている。  恩恵を受けるものが、バブルの経済効果に比べて何分の一にも満たない。  役人、大手企業の社員は恩恵が有るが、最下層には恩恵がない。最下層まで潤って購買力がアップしない限り完全な…
  • 調教師集団 そのニ 気丈な女が堕ちる

     吉妹美智は後悔していた。振興券と争わなければ、ここまでの事には成らなかったと思っている。  八百万の借金を背負った。  無修正AVに出演した。週一回お座敷のハードコンパニオンもやらなければ成らない。週一回でも、心底辛い。  ハードコンパニオンは、宴会で全身奉仕して、被虐役をやる。  無修正AVは一本二百万になる。  だが、吉妹美智の全裸は元より、女の部分のアップから、小水を…
  • SM小説 調教師集団 その一 堕ちたる無修正AV嬢

     一夜にOLから無修正AV嬢に堕とされた松下奈緒美。そこには弁護士、やくざ、警察官、政治家まで加担する集団があった。  調教師集団は、現代の身勝手な女性を制裁して、お仕置き、かつ風俗AVの仕事に就かせる。そして経済効果に貢献する。そういう集団である。  法律が、女性の言い成りに従ってしまっている現代において、女性は会社の中で、些細な事で、痴漢、セクハラ、パワハラと文句をつける。杓子定規に女性…
  • SadoのSM小説姦女真紅 第十二章 新たなる帝國主義

     政権交代。景気後退。遂に訪れた経済大国日本の落日。N氏と帝國は日本を始め亜細亜への新たなる帝國主義侵略を競い始める。大量自爆テロ。女性テロリストの指揮で、テロはどこまでも拡大する。組織と手を結んだ広域暴力団。婦人警官は駿河問いで吊られ、姦され、蛇拷問で精神異常にされる。覚悟を決めてテロ組織の九州基地に潜入した大木中尉。そこで凄惨な拷問が
  • SadoのSM小説 姦女真紅 第十三章 日本絨毯爆撃

     娼国仁川主席の崩御。娼国とテロ組織は分裂する。更にテロ組織は暴挙に出た。  北海道警の完全監視する摩周湖に、警察を嘲るように、拉致犠牲者の死体は浮かぶ。  小さな街のアイドル一押し美人店員がたくさん拉致された。  そして娼国副主席北島真紀子も拉致される。  海賊放送で公開拷問が行われる中、津島と江崎は、帝國第二機動部隊と親衛隊を率いて、地底の基地からに救出作戦を展開する。